関西学院 災害復興制度研究所

研究紹介
関西学院大学災害復興制度研究所 2021年復興・減災フォーラム
Withコロナと災害 ―どう創るニューノーマル
2021/01/09

  2011年東日本大震災及び原発事故災害から9年から経とうとしていた2020年1月新型コロナウイルス感染症という新たな災害が突如として現れ、全世界を震撼させた。その終息も見えないなか、記録的な大雨によって九州をはじめとした各地で大地が泥水に埋め尽くされた。そして近い将来発生すると言われている南海トラフ巨大地震、首都直下地震が発生も危惧される。
  都市の発展のため電気を供給し続けるための原発によって引き起こされた原発事故、人類の発展のために自然界の境界線を越えたことによって表出した未知のウイルス、地球温暖化による豪雨の変化、都市の一極集中によって疲弊する過疎地を襲う更なる試練。私たちの多くが望んだ「より豊かな、より便利な社会へ」の結果がこれなのだろうか。
  コロナ禍において新しい生活様式(ニューノーマル)という言葉が多用された。新たな日常とは何か。私たちが望んだ社会はこれでよかったのか。
  1995年阪神・淡路大震災は多様な人々が様々なかたちで「つながる」ことの大切さを教えたのではなかったか。そのつながりが分断されようとしているのではないか。新型コロナウイルス感染症から命を守ることは大切だが、そのために苦しんでいる被災者を見逃すことがあってはならない。思考停止に陥らず、この状況から生まれた新たなつながりを見つめ、今後の社会のあり方を考える。

日 程 2021年1月9日(土) 13:00〜17:30
全国被災地交流集会「円卓会議」
2021年1月10日(日) 13:00〜16:30
シンポジウム
場 所関西学院会館レセプションホール(兵庫県西宮市上ケ原一番町1-155)
http://member.kwangaku.net/kwangakukaikan/access.html

【主  催】 関西学院大学 災害復興制度研究所
【共  催】 日本災害復興学会
【後  援】 朝日新聞社

プログラム

■1月9日(土)13:00〜17:30 全国被災地交流集会「円卓会議」

テーマ:Withコロナと災害ボランティア―立ちすくむ社会から見出す新たなつながり―
会 場:関西学院会館 レセプションホール


 令和2年7月豪雨災害によって九州では甚大な被害がでた。しかし、コロナ禍において「不要不急」が叫ばれ、一般ボランティア募集は県内に限定された。多くの専門性をもった外部支援団体や経験のあるボランティアらが被災地へ入ることを躊躇し、県内の支援団体が試行錯誤しながら活動を行っている。その中で高校生や大学生など地元の若者が奮闘をしている。阪神・淡路大震災においても多くの若者が被災地を訪れ被災者と支援に携わった。第1部ではボランティア活動をする学生の声を聴く場とする。
さらに第2部では経験を培った外部の支援団体が入れない中、地元のネットワークのなかで奮闘している当事者らの声を聴く場とする。

[第1部] 学生円卓会議 ―私たちの復興―(13:00〜14:45)
[第2部] Withコロナと災害ボランティア
―立ちすくむ社会から見出す新たなつながり―(15:00〜17:00)
全体討論会(17:00〜17:30)
プログラム詳細はこちら


■1月10日(日)13:00〜16:30 シンポジウム

会 場:関西学院会館 レセプションホール


 新型コロナウイルス感染症の終息はまだ終わりをみない。地球温暖化による気象の凶悪化だけでなく、首都直下地震や南海トラフ巨大地震の発生は秒読み段階に入っているとみられ、私たちは早急に急性期から復旧・復興期におけるwith コロナの災害対応を考えなければならない。これまでの都市の在り方を見直し、小さな変革を起こすことが求められる。新型コロナウイルス感染症と共に生きる社会において私たちはニューノーマルをどう創っていくのかが問われている。


会 場

関西学院会館 レセプションホール

シンポジウム

13:00〜13:10 開会挨拶 舟木 讓(関西学院院長)
村田 治(関西学院大学学長)

13:10〜14:10 基調講演「withコロナと災害―どう創るニューノーマル」
藻谷 浩介(株式会社日本総合研究所 主席研究員)

14:25〜16:25 パネル討論 「新たな社会の再生に向けて−現場からのメッセージ」

〈パネリスト〉(50音順)
栗田 匡相(関西学院大学経済学部准教授)
西澤 真理子(リテラジャパン代表)
麦倉 哲(岩手大学教育学部/地域防災研究センター教授)
渡邊 格(鳥取県智頭町タルマーリー店主)
〈コーディネーター〉
岡田 憲夫(京都大学名誉教授・関西学院大学災害復興制度研究所顧問)

16:25〜16:30 閉会挨拶 長岡 徹(関西学院大学災害復興制度研究所所長)


プログラム詳細はこちら

※1月10日(日) 2020年度日本災害復興学会総会を開催します。
(会場:関西学院大学上ケ原キャンパスF号館102教室)


お申込み方法

参加ご希望の方は、下記URLよりお申し込みください。
https://forms.gle/NC2M4W1RgpNGeb8F8
FAXをご希望の方は、参加申し込み用紙に必要事項をご記入の上、お申し込みください。
申込締切日:2020年12月20日(月)

※密集を避けるため、会場の定員を制限しております。座席数に限りがありますことをご了承ください。(先着順)
※参加証等は発行いたしませんので当日は直接会場までお越しください。
※ご来場の方全員にマスクの着用、出入り口でのアルコール消毒をお願いしております。また、当日受付の際、検温(非接触)を実施させていただきます。
※オンラインで参加の方は「Zoom」にてご参加いただけます。申込フォームにてお申し込みいただいた方に、1月7日頃オンライン参加用の情報をお送りいたします。
※参加申し込み用紙に記載された個人情報は本学の関連業務以外に使用することはありません。

※参加申し込み用紙ダウンロード

 

チラシダウンロード

2021年復興・減災フォーラムチラシ

 

以上

お問い合わせ HOME