関西学院 災害復興制度研究所

研究紹介

研究会

未来災害研究会 首都直下地震の復興を考える研究分科会

【テーマ】 首都直下地震からの事前復興対策についての研究

【趣 旨】 首都直下地震の被害規模は最大で建物全壊消失61 万棟と想定されており、阪神・淡路大震災の5 倍もの規模になる。東日本大災害を契機に大規模災害復興法が制定されたが、備えとしての復興の取り組みを推進するものではない。首都直下地震からの復興を適切に進める方策の研究を進め、事前復興対策について政策提言する。

未来災害研究会 首都直下地震の復興を考える研究分科会の日程 一覧

2018.07.19 第2回 未来災害研究会 首都直下地震復興研究分科会
2018.05.23 第1回 首都直下地震復興研究会



お問い合わせ HOME